はじめに

こんにちは。今日は、「1つの場所から別の場所へ移動する」ことを意味する英単語「migrant(移民)」について見ていきましょう。この単語は、BBCが2024年5月1日に報じたイギリスが難民申請が却下された人をルワンダに初めて送り返したニュースも紹介します。

migrantの意味

migrant」とは、「1つの場所から別の場所へ移動する」ことを意味します。これは、その人々が新しい場所への移住を選択し、新しい生活を始めることを示します。例えば、「彼は経済的な理由で移民となった(He became a migrant for economic reasons.)」や、「彼女は戦争から逃れるために移民となった(She became a migrant to escape the war.)」などのように、「migrant」を使って移住を表現することができます。

実際に使用されている場面

さて、英単語「migrant」が使われているニュース記事を紹介しましょう。BBCが2024年5月1日に報じたニュース「First failed asylum seeker sent to Rwanda under voluntary scheme」の記事の中に出てきました。

 

The UK has returned a first failed asylum seeker to Rwanda under a voluntary removals programme, it is understood.Under the scheme, announced last month, migrants whose claims are rejected are offered up to £3,000 to move to the east African country.

英国は、自主退去プログラムに基づいて最初の亡命希望者をルワンダに送還したと理解されている。先月発表されたこの計画では、申請が拒否された移民には東アフリカの国に移住するための最大3000ポンドが提供される。

この記事によると、イギリスは自発的な退去プログラムの一環として、初めての難民申請が却下された人をルワンダに送り返したと報じています。このプログラムでは、申請が却下された移民に対して、東アフリカの国への移住を支援するために最大3,000ポンドが提供されるそうです。

2024年1月18日、イギリスは不法に入国した難民申請者をルワンダに送り返す法案を可決しました。これは、不法移民の阻止を目指すスナク政権の主要政策の一部ですが、難民支援団体からの反対がありました。しかし、この計画は最高裁判所によって違法と判断されました。スナク政権はそれでも、ルワンダ政府との協定を結んで移送計画を進めています。しかし、国連の特別報告者3人は、この移送が人権侵害につながる可能性があると警告しています。

この記事では、「migrant」は英国がルワンダに送り返した人々が移民であるという文脈で使われています。

migrantの語源

migrant」の語源は、「移動する、移住する」という意味のラテン語のmigrareに由来しています。

この単語はもともと、動物については1670年代から、人については1807年から「移動する、移住する」という意味で使用されています。これは、ラテン語のmigrare(「移動する、出発する、ある場所から別の場所に移動する」を意味する現在分詞形migransの主格形migrantemから派生したものです。

同じ語源を共有する単語

migrant」の語源である「migrare(1つの場所から別の場所へ移動する)」は、他の単語でも使用されています。

「migrare」という語源を共有する単語には、「immigrate(移住する)」と「in-migration(内部移動)」があります。これらの単語は、すべて「1つの場所から別の場所へ移動する」という意味を持つ「migrare」という語源を共有しています。「immigrate」は、「移住する」という意味を持ちます。例文としては、「彼はアメリカに移住した(He immigrated to America.)」などがあります。「in-migration」は、「内部移動」という意味を持ちます。例文としては、「都市への内部移動が増えている(There is an increase in in-migration to the cities.)」などが考えられます。

さいごに

みなさんは「migrant」の意味や語源について理解できましたか?この単語は、「1つの場所から別の場所へ移動する」という意味もあります。また、「migrare(1つの場所から別の場所へ移動する)」という語源を共有する単語もたくさんあります。

この記事は、確かにイギリスの難民政策における重要な転換点となりそうですね。注視したほうがいいかもしれませんね。

それでは、今日はこの辺で失礼します。ではでは〜

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA