はじめに

こんにちは。今日は、「規模」や「範囲」を意味する英単語「scale(スケール)」について見ていきましょう。この単語は、ビジネスや経済の世界でよく使われます。そしてこの単語が使われているサウジアラビアの経済大臣が、NEOMが進行している一部のプロジェクト計画の規模が縮小している報道を否定したというニュースも紹介します。

scaleの意味

scale」とは、「規模」や「範囲」を意味します。これは、その事象や活動がどの程度の大きさや広がりを持つかを示します。例えば、「その会社は事業のスケールを拡大している(The company is scaling up its operations.)」や、「彼はそのプロジェクトのスケールを理解していない(He does not understand the scale of the project.)」などのように、「scale」を使って規模や範囲を表現することができます。

実際に使用されている場面

さて、英単語「scale」が使われているニュース記事を紹介しましょう。アメリカの報道局CNBCが2024年4月29日に報じたニュース「Saudi Arabia says all NEOM megaprojects will go ahead as planned despite reports of scaling back」の記事の中に出てきました。

 

Saudi Arabia’s economy minister rejected recent reports that the kingdom’s $1.5 trillion NEOM megaproject, a futuristic desert development on the Red Sea coast, is scaling back some of its plans.

日本語訳: サウジアラビアの経済大臣は、紅海沿岸の未来的な砂漠開発であるサウジの1兆5000億ドル規模のNEOMメガプロジェクトが計画の一部を縮小しているという最近の報道を否定した。

です。この記事によると、サウジアラビアの経済大臣は、1.5兆ドル規模のNEOMが進行しているプロジェクトの一部の計画を縮小しているとの報道を否定しました。彼は、「すべてのプロジェクトは全速力で進行中」と強調しました。

NEOMは、サウジアラビア北西部のタブーク州に建設中の計画都市で、スマートシティの技術を導入し、大規模な都市開発事業のことです。NEOMは、紅海の北、サウジアラビア北西部で計画されており、総面積は26,500平方キロメートル、紅海の海岸に沿って海岸線は450キロメートルに及びます。

また、欧米メディアが報じたところによれば、2030年までに砂漠を105マイルにわたって延びる予定だった「The Line」プロジェクトは、その時点でわずか1.5マイルの長さになるという報告がありました。

「The Line」は、NEOMの一部として計画されている革新的な都市プロジェクトで、一直線に延びる都市を目指しています。この都市は、道路や自動車、排出物がなく、100%再生可能エネルギーで動き、土地の95%は自然に保全されるとされています。「The Line」は最終的に900万人を収容し、わずか34平方キロメートルの足跡で建設される予定です。また、住民は周囲の自然を楽しむことができる理想的な気候を一年中享受でき、日常の必需品は全て徒歩5分以内でアクセス可能で、さらに高速鉄道が20分で端から端まで移動できるようになる予定です。

これらのプロジェクトは、サウジアラビアが石油からの経済の多角化を目指す「ビジョン2030」の一部として進行しています

この記事では、「scale」はNEOMメガプロジェクトが一部の計画の規模を縮小したという文脈で使われています。

scaleの語源

scale」の語源は、「*skel-(切る)」に由来しています。

この単語はもともと、約1200年頃に「飲み物のカップ」という意味で使われ始めました。これは古ノルド語のskal「ボウル、飲み物のカップ」の複数形が「はかり」という意味でも使われていたからです。その後、14世紀後半に「天びんの皿」の意味から、15世紀初頭に全体の器具を指すようになり、「計量器」という意味で使われるようになりました。

同じ語源を共有する単語

scale」の語源である「*skel-(切る)」は、他の単語でも使用されています。

*skel-」という語源を共有する単語には、「sculpture(彫刻)」、「skill(技術)」、「shell(貝殻)」などがあります。これらの単語は、すべて「切る」という意味を持つ「*skel-」という語源を共有しています。「sculpture」は、「*skel-(切る)」と「-ure(行為、結果)」の組み合わせで、「切る行為の結果」という意味を持ちます。例文としては、「彼は石から彫刻を作った(He sculpted a statue from the stone.)」などがあります。「skill」は、「*skel-(切る)」の組み合わせで、「切る能力」という意味を持ちます。例文としては、「彼はその仕事をするための技術を持っている(He has the skills to do the job.)」などがあります。「shell」は、「*skel-(切る)」の組み合わせで、「切り取られたもの」という意味を持ちます。例文としては、「彼は貝殻を集めるのが好きだ(He likes to collect shells.)」などがあります。

さいごに

みなさんは「scale」の意味や語源について理解できましたか?この単語は、「規模」や「範囲」を意味します。また、「*skel-(切る)」という語源を共有する単語もたくさんあります。

私自身はこの報道を興味深く読みました。NEOMのプロジェクトの今後の動向はどうなるのでしょうか?特に、その規模が1.5兆ドルという巨大なプロジェクトであるため、その進行状況は世界中の注目を集めています。このニュースは、注視したほうがいいかもしれませんね。

それでは、今日はこの辺で失礼します。ではでは〜

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA