はじめに

こんにちは。今日は、「何か他のものより先に存在または発生する」ことを意味する英単語「previous(前の)」について見ていきましょう。この単語は、技術やビジネスの世界でよく使われます。そしてこの単語が実際に使われた、OpenAIがChatGPTの最新モデルGPT-4oを発表したというニュースも紹介します。

previousの意味

previous」とは、「何か他のものより先に存在または発生する」ことを意味します。これは、その事象や物が時間的に先に進むことを示します。例えば、「OpenAIの新しいモデルGPT-4oは、一年前に発表されたpreviousのGPT-4モデルのアップデートです(The new model, called GPT-4o, is an update from the company’s previous GPT-4 model, which launched just over a year ago.)」などのように、「previous」を使って時間的な先行を表現することができます。

実際に使用されている場面

さて、英単語「previous」が使われているニュース記事を紹介しましょう。アメリカの報道局CNNが2024年5月13日に報じたニュース「OpenAI unveils newest AI model, GPT-4o」の記事の中に出てきました。

 

ChatGPT is about to become a lot more useful. OpenAI on Monday announced its latest artificial intelligence large language model that it says will make ChatGPT smarter and easier to use. The new model, called GPT-4o, is an update from the company’s previous GPT-4 model, which launched just over a year ago.

日本語訳: ChatGPT はさらに便利になります。 OpenAIは月曜日、ChatGPTをよりスマートで使いやすくする最新の人工知能大規模言語モデルを発表した。 GPT-4oと呼ばれるこの新モデルは、1年ほど前に発売された同社の以前のGPT-4モデルからのアップデートである。

です。この記事によると、OpenAIは最新のAIモデルGPT-4oを発表し、ChatGPTの機能が大幅に向上することになると報じています。主な新機能は以下の通りです。

  • 音声対応になり、リアルタイムの対話ができるようになった
  • 画像やドキュメントなどを視覚的に認識して対話に組み込めるようになった
  • 過去の対話内容を記憶し、より自然な会話ができるようになった
  • リアルタイムの翻訳機能が追加された

OpenAIの最高技術責任者ミラ・ムラティ氏は、この更新により大幅に使いやすくなり、AIとの対話がはるかに自然で容易になると述べています。この発表は、GoogleやMeta、Appleなどの競合他社に先駆けてAIの先端技術を提供するものです。MicrosoftはOpenAIに多額の出資をしているため、この最新モデルをMicrosoftの製品に組み込むことで恩恵を受けることになるでしょう。

この記事では、「previous」はOpenAIの新しいAIモデルGPT-4oが一年以上前に発表されたGPT-4モデルのアップデートであるという文脈で使われています。具体的には、OpenAIは新しいAIモデルGPT-4oを発表し、それが一年以上前に発表されたGPT-4モデルのアップデートであると述べています。

previousの語源

previous」の語源は、「pre-(前に)」+「via(道)」に由来しています。

この単語はもともと、「何か他のものより先に存在または発生する」を意味し、1620年代に使用され始めました。「previous」は、ラテン語のpraevius「前に行く」から来ています。これは、「前」を意味するprae(pre-参照)と、「道」を意味するvia(via参照)という言葉が合わさったものです。

同じ語源を共有する単語

previous」の語源である「pre-(前に)」と「via(道)」は、他の単語でも使用されています。

pre-」という語源を共有する単語には、「precaution(予防)」、「predict(予測する)」、「preference(好み)」などがあります。これらの単語は、すべて「前に」という意味を持つ「pre-」という語源を共有しています。「precaution」は、「pre-(前に)」と「caution(警戒)」の組み合わせで、「前もって警戒する」という意味を持ちます。例文としては、「彼は事故を避けるために予防策を講じた(He took precautions to avoid an accident.)」などがあります。「predict」は、「pre-(前に)」と「dicere(言う)」の組み合わせで、「前もって言う」という意味を持ちます。例文としては、「彼はその結果を予測した(He predicted the result.)」などがあります。「preference」は、「pre-(前に)」と「ferre(持ってくる)」の組み合わせで、「前もって持ってくる」という意味を持ちます。例文としては、「彼はコーヒーより紅茶を好む(He has a preference for tea over coffee.)」などがあります。

一方、「via(道)」という語源を共有する単語には、「invoice(請求書)」、「voyage(航海)」があります。「invoice」は、「in(中に)」と「via(道)」の組み合わせで、「中に道を通る」という意味を持ちます。例文としては、「彼は請求書を送った(He sent an invoice.)」などが考えられます。「voyage」は例文としては、「彼は長い航海に出た(He went on a long voyage.)」などがあります。

さいごに

みなさんは「previous」の意味や語源について理解できましたか?この単語は、「何か他のものより先に存在または発生する」という意味もあります。また、「pre-(前に)」+「via(道)」という語源を共有する単語もたくさんあります。

生成AIの開発が盛んになっている現在、その便利さを享受している人々も多い一方で、まだ利用していない人々も少なくありません。2023年の調査によれば、半数以上の人々が週に1日以上生成AIを利用していますが、それでもまだ全体の半数に満たないという事実は、我々が考えるべき課題です。

個人的には、未利用者の方々にもっと生成AIを使ってほしいと思います。そのためには、AIの技術開発だけでなく、普及活動にも力を入れるべきだと考えています。技術の進歩とともに、その恩恵を受ける人々が増えることを願っています。

それでは、今日はこの辺で失礼します。ではでは〜

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA